実際に見て判断しましょう

川越で住宅を探している人は、まずは住宅展示場に行って、実際のお部屋の雰囲気を見てから判断することをおすすめします。

選ばれている住宅

no.1

自然素材を活かしたナチュラル

ナチュラルな内装は、流行に左右されず、自然素材を活かしているということで男女ともに人気があります。

no.2

シャープなデザインになるモダン

スタイリッシュな暮らしをしたいと考えている人に、大変人気があるのがモダンです。無機質な素材を選ぶことで、より都会的な空間に仕上がりますよ。

no.3

和の落ち着いた雰囲気がある和モダン

伝統的な和風家具や、ナラ・オークなどを使い、明るく仕上げるなど、落ち着いた雰囲気が作れる和モダンは、その日本人らしさからも人気があります。

no.4

ぬくもりが感じられるカントリー

欧米の田舎風の可愛らしい内装にしたい人は、カントリーがおすすめです。レース素材のカフェカーテンやパステルカラーを取り入れれば、アメリカンな内装になりますよ。

no.5

エレガントな家具を使ったクラシック

エレガントな装飾が好きな人や、木の質感を活かした、落ち着いた色調が好きだという人は、クラシックが大変おすすめです。

間取り

アンケートに協力しよう

川越エリアの住宅展示場、見学するにも子ども連れでもいいのか、気になる点でしょう。最近では週末のお出かけスポットに住宅展示場が活用されていて、不動産相談会のみならず、出店やおもちゃのプレゼント、図画工作などのイベントが随時開催されています。ただ、託児所がない場合もありますから、そうした対策は考慮してから出かけましょう。川越エリアの住宅展示場は、道路側からものぼりが見えたり、ドライブ中にアクセスしやすい立地にあります。気軽に立ち寄れるのですが、住宅展示場ではより良い住宅づくり(商品開発)のため、見学後にはアンケートの記入を促されることもあります。営業とも取れる内容ですが、差し支えない範囲の内容が主です。しかし、パンフレットなどの資料請求できるアドレス記入などもあります。「勧誘電話はお断り」というようにアンケートに記載しておくことも忘れてはなりません。

総合なのか単独なのかの違い

川越エリアの住宅展示場、予約不要と完全予約制である場合がありますが、前向きに購入を検討している消費者向けにじっくり相談できるシステムが予約制です。各ハウスメーカーの主力商品(モデル)となる建物がラインナップされたのが「総合住宅展示場」です。これは、ハウスメーカー1社1社に相談に行くよりも、手軽に比較・検討できるモデルショーという特徴があります。また、1つのハウスメーカーがライフスタイルに合わせて設計した住宅展示場、1種類ではなく3種類から8種類ほどのモデルハウスを展示しているケースもあります。そのハウスメーカーがどんな家づくりをしているのか、候補となるハウスメーカーが決まっている場合に利用できます。ライフスタイルによるデザインなどの内外装は異なっても、軸(構造)は同じですから、安心できる建物であるのか、そこを展示場で改めて確認してから、選りすぐることができる特徴があります。建物価格から、テーマから、ハウスメーカーから、川越エリアの住宅展示場の種類はこうしたパターン化が特徴です。

広告募集中